2008年03月10日

Tualatinの神秘

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/news/0108/09/tualatin.html
http://www.itmedia.co.jp/news/0107/31/pentium3m.html

モバイルPentiumIII-Mのことだけど
コードネームはtualatinです.
512KのL2キャッシュを持つP6世代の最終形.
(P6自体、PenM、Core1、2もそうらしいけど原形を止めていないらしい)
場合によりPen4を超える性能を持つこともある.

エンコ以外の用途では体感はこちらの方が早いらしいけど
概ね藁コアよりもいいんだろうけどね.

デスクトップではPen4普及のため256KBに削減されて売られたため
短命に終わった.

Pen4は爆熱だったため
サーバーやモバイルでは遺憾なく能力を発揮したらしい.

tualatinってHALTが効かなかったりいろいろ悪評もあるけどね.
まあ悪くないだろう.

今更買うようなものではないけど.

Deeper SleepってMで進化したんだっけな.
平均電力はMの方が少ないらしいけど.

Mは600Mhzまでクロックが下がるからかな.
3-Mも300Mhzまで下がったような気がするけど



Pen3-S 1.4GHz今でも人気なんかな.
ヤフオクで見たけどあまり高くなかったけど

セレロンでさえデュアルなのに今更欲しい人いるんかねえ.
posted by a at 17:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | CPU競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック