2011年06月15日

3TBとクロック競争の再熱? Pentium4 3.8Ghzを超えるとき


http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1106/13/news029.html

1.3TBは一気に安くなったな
しかし、コスパを考えると2TBです。

これをきっかけにこれまでのHDDを一つに統合しようかな。

最近は0.5TB=500GB単位で増えるから
これは驚異的だな。

そろそろ4TBも出てくる。
1TBプラッタがあれば可能であるが。

価格はもう十分安いけど
価格競争する必要あるのかな。

2.PhenomUは発熱は大きいけど
常識な範囲ですぞ。
Core2Quadよりは低いような気がする。

2.6GhzまでしかいかなかったK10も
プロセスを更新してとうとう3.7Ghzまできましたか。
Pen4には100Mhz足りないですが。

Phenomは4コア
Pentium4は1コア
性能も10番近いでしょうな。

AMDさん、Pentium4を超えるものをついで出してはどうですか?
PhenomUX4 985 3800Mhz
990 3900
995 4000
となるけどまさかでないよね?
Bulldozerが遅れると出ることあるかも。

K10もよくぞここまでクロックが伸びたものだ。
posted by a at 01:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIano>>HD6450>HD3000


http://www.4gamer.net/games/100/G010001/20110613042/

GPUの性能は大きな影響力がありそうですな。
デスクトップローエンドのHD6450の性能を
ノートのオンボードが超えるようです。

GPUメーカーとしてここまで強力なものを出すのは戦略としてはいかがなものだ
ろうか?

780Gの時以上のインパクトがあるのは間違いない。
当時のローエンドHD3450を超えたのは790GXだからその時かな。

これではローエンドは存在価値を失ったといえるでしょう。

前世代のミドルレンジ5670を統合するとはAMDって太っ腹だね。
今後はエントリー、ローエンドを中心に
GPUラインナップの再構築が必要であるいえる。
posted by a at 01:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCの今後


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20110615_452786.html

昔はASUSのやつを使っていたけど
今はギガバイトのファンです。
DualBIOSがよいねえ。

>もう1つのユニークな取り組みとしては、Hybrid EFIと呼ばれる機能がAMD 9シ
リーズチップセットやIntel 6シリーズチップセット搭載製品などに実装されて
いる。
AMD9、インテル6シリーズからEFIが本格的に普及するようですね。
Windows8までには移行を終えるのかな。


デスクトップPCのニーズは
大きい画面のインターネット端末と
大量の性能を求めるようなエンコードなどの用途では残るのは間違いない。
posted by a at 01:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

FX62よ 永遠に


クアッドコアに変えてインターネットも軽くなったと思う。

デュアルコアだと動画を再生するとすぐにクロックが上がったけど
クアッドではなかなか上がらず、ほぼアイドル状態である。

IE9でマルチコアへの対応が行われたから
デュアルコアでは厳しくなった?
使えないことないけど、
負荷が上がりうっとうしかった。

K10の2コアでも厳しいのかな。
K8はもう古かったので、2006年の夏、5年前の10万円の最上位ハイエンド
CPUではついていけない。

3Ghzのクアッドコアが一万円とは安いものだ。
1万円CPUを定期的に乗り換えるほうが10万円のCPUを一回買うよりよさそうだ。
これは前から思っていたけど、
今回はっきりした。

古いやつは最新技術には対応できないしね。

コア2 3ギガを使っていた人はかなり前からこの領域にいたのだろうね。
K10は所詮時代遅れのコアですから。
posted by a at 00:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DX9への対応


http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-4991.html

今更DirectX9ですか?
まあ、Aeroは9さえ対応していれば普通に使えるけどね。
一応、7のやつはDX10.1が必要なんだが。
8はどうなるか分からないけどDx11が必要になるのかもしれない。


そういえば、前GeForce6100で7のAeroを使っていたけど大して重たいとは思わ
なかった。
一部がCPUによる処理になるけど、負荷もたいして大きくなかった。

それを780Gにかえたけど、多少軽くなったっていう感じがした。
大きな違いは特になかった。

VistaがDX9だったので7のそれもあまり変更がなく大部分が9で使えたというこ
とだろう。

Windows8は重たくしてくるのだろうか?
Vistaと同じスペックと書いてあったからたいして重たくならないのかな。
重たくなるとARMでは厳しいと思う。
posted by a at 00:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

1万円、物理4コアは強力でした


4コアは2コアと比べてかなり余裕がある感じ。
ちょっとの負荷じゃ最大限性能を発揮することすら難しい。
2コアなら一般のフリーのエンコードソフトでもすぐに100%になったけど、
4コアはよほどのことが無い限り難しい。
というかできないだろう。

今後は安いCPUで十分ということがよく分かった。

いつまで使えるのかな?

ちなみに、これがあれば今後絶対大丈夫だと思っていた
Athlon64X2 3800は今では厳しいね。
当時4万円を出して良かったけど。

あれはフルHDとSSD、SATA300/600やWindows6.0(Vista、7)、DX10,11と大きな
変化があったから
仕方ないけど。

今後は変化は少ないのだろうか?

次はEFIによる3TB以上のHDDの対応と随分先になるだろうけどフルHDの次である
4K2Kへの対応かな。
これはしばらく先だろう。

今後は安いCPUで十分!!
これは前から分かっていたけど
ついデュアルコアの時に奮発してしまった。
所詮新しい技術もすぐに低価格帯に降りてくる。

当時は大金をはたいて買ったデュアルコアも
今ではローエンドだよ。
クアッドコア以上はローエンドにはなかなか降りてこないかもしれないけど。

Celeron、Pentiumが物理4コアになるのはいつだろうか?
HTT付きなら早急にあるかもしれない。

HTT4コアが欲しいなら別にi3を買えばいいことですが。
posted by a at 15:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売却完了


旧CPU取り外し 上限金額で売れましたわ。
最初はクーラーとCPUが一体で取れてどうなることと思ったけど。
ドライヤーで熱して取ったりもしたなあ。
posted by a at 15:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

技術と価格


http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20070127/image/sw652.html

いつの話かな。
デュアルコア登場当時は高かったよ。
これでも安いくらいだけど。

しかし、フルHD再生もギリギリだし
今では骨董品だな。

新技術は安くなってから買うに限るな。
というわけでクアッドコアは安くなってから買いました。
posted by a at 10:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title


ビジネス用はARMに移行しそうな気がするわ。
x86はオタク向けになったりして。

クアッドコアが諭吉一枚でお釣りがくるようになるとは
時代は確実に進んでいるようだ。
posted by a at 10:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FM1について


http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1106/02/news034_2.html

FM1は導入するにしても第二世代からかな。
第一世代もここまで延期されているからきっとすばらしいものになっているはず
だが。

マザーボードのバックパネルどれもだいたい同じだな。
D-Subは便利だけど、そろそろ変換コネクタで対応してもいいのかなと思う。
どうせ、もうすぐデジタル出力であるHDMIとDPに一本化されるんでしょ?
DVIはともかくD-subはしばらく半永久的に残るのだろうか。

古いモニタで使うなら必須の端子だしね。

マザボ交換が必要な以上
次は3ギガのクアッドコア、GPU内蔵、EFI、SATA600、USB3.0が主なフューチャー
かな。
後はどうでもいいや。

Socket939からの乗り換えだから大幅な性能アップが期待できるだろう。
たいして性能求めていないから
タワー型よりノートPCでもいいと思っている。

今使っているHDDもマクスライン250GBだし。
今はノートでも500GB、メモリ4GBはあるからね。

Windows8が出るくらいのいいのかな。
posted by a at 09:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする