2010年06月19日

驚異のi7 970 AMDの6Coreが驚異なのか?


http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-3927.html

Intelもやること容赦ないな。
i7 970だと。

よほどAMDの低価格戦略が効いたのかな。
ダイが小さいんだから
安くすればいいのに。

999ドルなんか誰が買うんだよ。

AMDをいじめるのが好きだな。

Q6600でクラシックPhenomを抑えたようにするんだろうな。


AMDもPentiumDの時にAthlon64X2 3800+で抑えようとしたな。
345ドルで4万円くらいだったかな。
デュアルコアが4万なんか今では信じられんけどね。

このCPUも今使っているけど
時代遅れだよ。
遅い遅い。

でも体感するほど遅くない。
SSDも使うと問題ない。
マザボがしょぼいけどね。

AMDの6Core ダイサイズが大きいけど
儲かっているらしいね。
サーバーで相殺しているだけらしいけど。

AMDの6コア「Phenom II X6」はターボモードを備えバーゲン価格で登場
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20100427_364107.html

32nmのK10楽しみだな。
ターボもNehalem並になるのかな。
GPUもDX11で性能も楽しみ。

今6コアを買うよりLIanoがいいかもね。

Bulldozerは最初は怖いね。
新プロセスと大幅なアーキテクチャー変更だからね。
PrescottやクラシックPhenomみたいにならなければいいけど。
後者はなんで失敗したか分からんけど。
とにかく低クロックで高発熱140Wだったね。
PhenomUでとにかく良くなったから良かったけどね。

99年のK7からの大幅な変更だから
楽しみだな。
最初は様子見が懸命でしょうな。

32nmLIanoは成熟しているから
こっちは大丈夫でしょう。

AMDとしては32nmK10を出してから
Bulldozerを出すのが堅実だと思う。
この2つって同時期に出るのかな。

製造を外注したから大丈夫なのかな。


posted by a at 15:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。