2010年07月23日

SATAの現状


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/interface/20100722_382306.html?ref=rss

SATAって12GT/s目指すみたいね。
コスト的に厳しいらしいから
低コストを求めてSSDだけ別インターフェイスに変わるかもしれんけど。

4.0か3.2で1200GT/sをサポート、
こうしゃのほうが可能性が高いみたい。

元々HDD専用の規格だから
今年に無理にSATA600が来る必要はなかったのかもしれん。

12GT/sになってもすぐおいつくようなら
さすがに別規格になろうものだけど。

すくなくとももう一段階は猶予があるということかな。
PCIeのカード式にしてもあまりコストはかからんような気はするけど。

帯域がありに余っているPCIeを使うのが合理的なような気もするけど。


今は600対応がひとつしかないから
バカ売れしているけど
年末付近になったら
贅沢にそろっているのかな。

Intelが次の段階でも2ポートしか600をサポートできないのが
ふしぎでならん。
対するAMDはすべてのポートを対応しているのに。

600に対応しても使うのはSSDだけだが。

USB3.0も速度をUSBに制限されているメモリやHDDの面で面白そう。
LIano世代ではチップセットでは無理だろうけど
期待しよう。


posted by a at 12:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ・携帯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。