2010年12月18日

カコモンについて

高校の内容が出るセンター試験やきょうよう試験にも
カコモン10年やれば十分といえるのだろうか?

一般的な資格は5年もしくは10年分の過去問を解けるようにしておくと
7割は取れるようにできているらしい。
もちろん、答えの丸暗記はダメだけど。

体系的に覚える、理解することが必要と言われている。


この原理がセンター試験もしくは科目が多い
きょうよう試験に適用できるのだろうか?


科目数が多いから
教科書を読む勉強ではダメだし
やってもキリがないから
10年分の過去問をやれば十分だということになるんだろうけど。

全く同じ問題は出ないけど
同じような観点の問題は出るという。

問題を公表していない場合は
荒いだろうからこの傾向が強いのだろうか?

センターは満遍なくでるし、問題数がそこそこあるから全てやっても問題ない。
しかし、きょうようしけんははんいがひろいくせに
2もんしかでないからヤマを貼るしかない。

じんぶんかがくは範囲が広すぎる。


結局、カコモンしかやるものがないから
カコモンヲやることになるんだけど。
問題を解きながら覚える。
あしをみてからすぐに答えがわかるまで反復練習する。
が王道らしいけど。なかなか大変ですな。

きょうようよりせんもんの方がカコモンの効果が大きいような気がする。


posted by a at 22:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。