2011年02月10日

雇用と時代の変化と職安について


ハローワークの求人社会保険も完備していないし
正社員でも最低賃金程度のカス求人がある。

いつも底の求人見ておもうが
派遣が一番給料がよいのかな?

会社のカネのもんだいもあるのはわかるけど
ろうどうしゃをなめているとしかおもえんよ
不景気だから会社が強気になるのは分かるけどね。

一回、ハローワークのお世話になったら終わりだとか誰かがいっていたけど
その意味が分かったような気がする。
新卒でまともなところに就職できたら一度も使わない
しかし、一度使うと零細が多いから
離職しまた何回も使うことにある。

まさに悪循環やね。

まともなところにしゅうしょくしてもリストラされることもあるから
分からんけどね。

日本に安定した雇用って公務員以外あるのかな。

経済が発展すると安定志向になるんだろうけど
哀しいかな この国に安定した雇用が欲しければ公務員になるしかないんだろうな。

やりたいことさがせというけど
できることとできないことがある
それを大人たちは分かっていないから
やりたいことを捜せと言うんだろうな。

大人たちの時代は正社員ばかりだったから
極端な例をいえば今はアルバイトばかりの店の店員も
就職したことになっていたんだろうな。
今は同じ仕事をしてもフリーターだから
就職しろといわれる。

フリーターはよくないのはわかるけど
彼らには現実がみえていないんだろうな。


posted by a at 02:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。