2011年04月19日

山陽新幹線 こだま号について


ダイヤが0系ベースだから引きなおしたら変わるかもしれないが、
山陽区間は駅が多く駅間が短い、既に220km/hを超える速度で運転しているから
時間はあまり変わらないかもしれない。
285km/h運転の効果はどれくらいあるのだろうか?

0,100系の時は退避も短かっただろうから
今より早かったと思うが、
300系のぞみ毎時1本ならともかく
500、700系のぞみ、ひかりレールスターが走りだしては
車両の性能差がありすぎる。

今では220に対して285または300と65キロも差がある。

今後はひかり(さくら)、のぞみ(みずほ)は300km/h、こだまは285km/hになっ
ていくのだろうか。
すべてさくらになり、ひかりがなくなるのかもしれないけど。


posted by a at 18:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。