2006年07月09日

プラスミド精製の原理?

プラスミド精製の原理の本は数多く出ているが読んでも
あまりわかった気がしないなあ。

キアゲンのキットでやっているからわからんでもいいのかな。

一応調べたところ
・ボイル法
・アルカリ/SDS法
・塩化セシウム超遠心法

上から下にかけて純度が上がる。
しかし、その反面、作業が多くなりめんどくなります。
ま、キアゲンのキットが楽でいいんだろうな。
キアゲンなにか特許を持っていて株上々なんだろうか?
ttp://218.223.29.73/cgi/shiyaku/pubview.asp?id=kiagen

ttp://www1.qiagen.com/Products/Plasmid/QIAprepMiniprepSystem/QIAprepSpinMiniprepKit.aspx?ShowInfo=1


posted by a at 13:58 | 広島 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。