2007年12月01日

270キロ運転を探せ

>山陽区間に300系(のぞみ型車両)がひかりとして乗り入れたのはいつなのかな?
岡山ひかりは早そうだがね


>現行の岡山ひかりとして規格化されたものがまだ無い頃だったかと。
以前の新大阪以遠各停ひかり(ひだま)を、西明石・相生など通過とし、
静岡待避と岐阜羽島待避の300系指定列車と繋げて広島まで速達化
したのが2000年より前?
その前から、0,100系と共用スジで入り始めてたし。


手元にある97年の時刻表では岡山ひかりと広島ひかりの大半が300系
東海道区間では95年頃には米原停車のひかりが300系っぽい感じ

>本領発揮って山陽区間での270キロ運転のこと?
ひかりの270キロ運転はレールスター後だと思っていたけど

広島ひかりということは東広島、三原、尾道、倉敷に止まったことあるんかねえ.

>ガイシュツだが、その時点で西明石毎時停車が復活しているよな。
RSに20番線の枠を取られてこだまの半数が姫路折り返しになってるから。

270km/h運転は、山陽区間各停が無くなり「速達化」と銘打った1997年
11月29日改正。時刻表の改正のあらましでも270km/h化が明記されてた。
この時点で当該直通は静岡停車のHKで、米原停車以来の新大阪、岡山、博多
と各停区間が伸びた元祖ひだまの血を引いてた直通。のぞみ退避の関係で原
則300系・270km/h化されたのと関連している。相生、新倉敷、尾道…など
停車が消滅。
上記のようにRS登場時に西明石全停車復活。
2003年10月1日(のぞみ大増発時)に相生停車復活、岡山どめになり、静岡
停車が新大阪止まり、米原停車の直通と前後入れ替わる。
博多までのひかりはRS以外、100系以下で走れるダイヤのままだった。
300系ならATCは270現示されるから、状況次第…だが。
N700登場時から、退避・逃げ切りの変化で名古屋始発博多直通の700系ひかり
の一部がRSと同速度になってる。定期16両ひかり初の285km/h運転(回復時、
RSの混雑時500系使用などのぞく)だろうな。

>止まっていたよ。
山陽区間各駅停車のひかりにも充当されていた。
一度、広島で見かけたことあるけど、当然空気輸送状態w

ちなみに、新岩国はR編成の”シャトルひかり”だけ止まっていた。
だから、300系が定期で新岩国へ止まるようになったのは今年7月のダイヤ改正から。

>もう一つ付け足しておくと、先述の300系ひかりは、東広島で後続のウエストひかりに抜かれていた。
0系が300系を追い抜くという何とも不思議な現象が、平成8年には見られた。
続きを読む


posted by a at 00:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

のぞみ型車両という表記

>かつて300系のひかりが「のぞみ型車両」と表記されてた時代もあったな

>のぞみがデビューした1992年3月〜700系デビュー時までだったかな

>「のぞみ型車両」という表記は確か阪神大震災以降だと思ったけど。
のぞみ登場当時、300系のひかりは「新型車両」だったから。
その後しばらくは特記もなく、「個4なし」や食堂車・ビュフェの表記がない列車が
300系なのか0系なのかは、その時の流れと気配で読み取るしかなかった。

>阪神大震災以降ですね。
1995年の秋時刻表には、300系使用のひかりは、「のぞみ型車両で運転」と書いてある。

のぞみが東海道新幹線でデビューした1992年の時刻表には、
300系ひかりでの運転(昼間、東京〜新大阪間、上下1本ずつ)は、運転日欄に「新型車両」と書いてある。

ちなみに、JR東海の時刻表です。
西日本のには書いてない。
posted by a at 00:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のぞみ型車両 ひかり号へ進出 270キロ運転

東海道は最初からあったみたいだけど
山陽に乗り入れたのはいつなんだろう.

今では岡山から西はこだま運用しかないけど.

ひかり自体に東広島、新尾道、新岩国、厚狭などの
こだま停車駅に300系が止まった事ってあるのかな?

今ではなんとのぞみ型車両が山陽のこだま停車駅に
全て止まるがね
いつまで続くのかねえ.

レールスター登場までは0、100系ダイヤで220もしくは230キロ運転だろう.
おかやま〜ひろしまを福山停車で46分の300系ひかりがあったけど
これはグランドひかりの47分より早いから
間違いなく230キロ運転だな.

270キロ運転は山陽では300系統一後、もしくは博多ひかりは早かったかもね.

>山陽区間に300系(のぞみ型車両)がひかりとして乗り入れたのはいつなのかな?
岡山ひかりは早そうだがね

>現行の岡山ひかりとして規格化されたものがまだ無い頃だったかと。
以前の新大阪以遠各停ひかり(ひだま)を、西明石・相生など通過とし、
静岡待避と岐阜羽島待避の300系指定列車と繋げて広島まで速達化
したのが2000年より前?
その前から、0,100系と共用スジで入り始めてたし。

>手元にある97年の時刻表では岡山ひかりと広島ひかりの大半が300系
東海道区間では95年頃には米原停車のひかりが300系っぽい感じ

>100系の置き換えという形で入線したのは1995年からで、博多まで運転していた。
300系の本領発揮で入線したのは1996年からで、これは広島まで。

>ひぞみ誕生は1996.3.16

米原停車ひかりの日中全列車270km/h運転開始→ひぞみと呼ばれた

>博多行きは0系の置き換えかと。
確かのぞみ博多乗り入れたとき初めてG編成が乗り入れたらしいけど
基本は食堂車付きのX、V、0系だったからね.
この0系の置き換えかな.

しかし、よく考えてみると
空調、乗り心地が悪い300系をよく
高い料金を取って博多まで運転していたな.

このころはひかりとのぞみで時間差があったからな.
220と270の差は大きかった.

今や220車両は淘汰され
270キロでさえ時代遅れ
285が標準だからな
posted by a at 00:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

300系のぞみの今後

http://www.mc.ccnw.ne.jp/series211/bullet/shinkansen.html

300系のぞみっていつまで見られるのかな?
500系こだまを追い越す300系臨時博多のぞみは存在しえるのかな.

そこまで300系がのぞみ運用があるかどうか.
恐らくないと思う.

急ピッチなN700系の増備が進んでいるから
300系は徐々にひかりからこだまへ転用
2011年には全廃となるらしい.

西の300系も同時に廃車だろうね.
短縮化はしないだろう.
posted by a at 21:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

さざなみせんかいそく

昔はkure〜岡山にも153系6両であったよ。
停車駅はkure〜安芸川尻、安浦、安芸津、竹原、忠海、安芸幸崎、
三原〜松永、福山、笠岡、鴨方〜新倉敷、倉敷、岡山。
呉で広島方面の快速に接続して、上りのみ安浦で普通を追い越す。

新幹線開業時(昭50年3月)に急行が全廃になって、快速はその名残だったよ。
停車駅はkure始発で広・仁方・安芸川尻・安浦・安芸津・竹原・忠海・三原〜松永・福山・笠岡・金光・新倉敷・倉敷・岡山。

ちなみに急行時代は『宮島』が仁方・安芸川尻・安浦通過、『安芸』は快速と同じ、『吉備』は安浦通過だった。


ところで久々に古い時刻表を見てビックリしたんだけど、
昭和36年当時の急行『安芸』って三原を出たら竹原・仁方・と停車してて広は通過してたんだね。
仁方は仁堀航路もあったから判らなくも無いけど、広を通過した理由が判らん・・・
posted by a at 21:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

100系 永遠に

http://tetsuomiya.at.webry.info/200711/article_6.html

100系は名車といえよう
速度がもう少し出ていれば長く生きられただろうか?

山陽こだまはほぼ100系になったけど
500系の投入で追われるのかな.

グランドひかりまた乗りたいなあ
posted by a at 23:13 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N700の登場と消えるもの

http://tetsuomiya.at.webry.info/200706/article_30.html

N700が登場した一方芸備線の急行みよし号消滅
残る急行はつやまのみとなったみたい.

500系も順次新型に置き換えられるみたい.
posted by a at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

「のぞみ型車両で運転」 300系ひかりに対する表記 ひかりの270キロ運転(山陽区間)

http://japanr.blog118.fc2.com/blog-entry-55.html

この表記は700系のぞみが走るまで
300系だけが唯一ののぞみだったので
300系運用のひかりに使われていたみたい

99年3月だっけかな.

http://japanr.blog118.fc2.com/blog-entry-24.html

確かにひかりレールスターが登場するまでの
ひかりは遅くて使えなかったなあ
広島まででも結構違うからな
確か当時は福山待避だったと思うけど
(グランドひかりや同等ダイヤの300系ひかりは広島まで逃げ切っていたみたい)

300系ひかりの270km/h運転はレールスター登場後の博多東京間で始まったのかな.
広島〜東京間は200110のダイヤ改正からかな.
(この改正同区間は300、700系の高速車両で統一、西所有の700系B編成もこのとき登場(200310まで2年間はひかり中心で運用であったはず)

http://a8612287.hp.infoseek.co.jp/700-7000seriesguide.html

>>
>JR西日本は2001年10月1日(月)にダイヤ改正を実施する。

 山陽新幹線では新神戸に停車する「のぞみ号」が4本から31本に増加する。「ひかり号」は2往復を除き700系または300系電車での運転とし最高速度を向上、新大阪・広島間で所要時間を平均13分短縮する。また、新大阪・広島間の「ひかりレールスター」3往復を博多まで延伸、東京・広島間「ひかり号」3往復の博多延伸運転を取りやめる。その他、相生駅に1往復の「ひかり号」の停車が復活する。

とのこと.
相生もこのとき復活したんだな

http://home.t01.itscom.net/jikoku/dia/2001b.htm

私的にはこだまをなくして昔のひかり各駅停車を復活させてもいいんじゃないか.
220キロ車両を早く追放して
270、280キロ車両に統一した方がいいと思うんだけど

山陽で300系は中途半端なので
270キロという中間フェイズはなさそうではあるけど

300系F編成は最後は東海道こだまで過ごして
東海所属300系と同時期に廃車じゃないかな.

山陽区間には戻ってこないかもね

一応岡山〜博多こだまで定検、修理に帰れるようにはなっているけど

さて予想はあたるかな.

私的には300系16両編成を山陽で走らせて欲しいけど
posted by a at 12:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

東北新幹線高速化 山陽こだまの復活の鍵は500系?

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071106/biz0711061846010-n1.htm

http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071104.pdf

東北新幹線
速度がアップするらしい

山陽はこれ以上は無理かな?
次世代の車両が出るのは当分先だろうし

まあ300km/hでも十分早いからいいんだけど

270km/hでも十分早いとは思ったけど

一番興味があるのはヒロ○マ○カヤマ間は
300系のぞみでは39分
700系 36分
500、N700系 34分

途中福山に停車すると
それぞれ43、41、39(推定)分になると思う.

福山停車で40分切ることに期待したいですな

そのうち320km/h運転するのかな?
500系は可能らしいけど

こだまへの500系導入で
早くなることを期待したい

今は国鉄型の旧式の車両なので
ひかり、のぞみなどのJR以後の高速車両(270キロ以上)から
逃げ切れないため
待避時間が10分になることもある.

500系こだまは何キロで運転して
どのくらいの活躍をしてくれるんだろうか?
まさか100系と共通運用はないよね?

220キロ運転はやめてくださいね.
220キロなら確かに寿命は持つだろうけど

300系を改造して導入してもいいんじゃない?
レールスターをこだまに入れるから
それはしないだろうけど
posted by a at 23:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

各駅停車のひかり 京都〜博多間

>指定席だけ高いっていうのも微妙だな
ひかりとのぞみ同じ料金にすればいいのに.

京都博多間カクテイのひかりって
どのくらいの期間存在したんだっけ?
まあこだまが基本的に山陽になかっただけだろうけど

>博多開業の昭和50年から国鉄最後の改正の昭和61年までじゃないかな?

>昔の時刻表を引っ張り出してみたら1990年にまだ1往復存在してたよ。

ひかり51 東京1104→新大阪1404/1406→(各駅停車)→博多1822
ひかり50 博多0610→(各駅停車)→新大阪1026/1028→東京1328

>一本列島1988改正によれば
ひかり201号新大阪1346博多1754、最速各停で4時間8分
それを追い抜く最速赤ひかり7号新大阪1358博多1657、で2時間59分
定期で追い抜くのはこの一本だけ
ちなみに鈍速はひかり204号博多1428新大阪1846、で4時間18分だ
0系最高速度220km/hの割りには案外速いな、と思う。

>1988には1時間に1本、岡山ひかりが静岡停車している。
静岡とあわせて豊橋、浜松、三島あたりからもう一駅停車
新横浜、米原停車も1時間に1本。赤ひかり以外はどこかに
追加停車あると思っていい。

>同じ停車駅の500系が2時間17分だったから、42分も短縮してるんだけどねw
確かに、0系も案外速い。

>ちなみに現在の阪博こだまの最速は、こだま629号0612→1029の4時間17分
駅3個増えたが健闘してるよな
最鈍はこだま672号1735→2235の5時間、定期のみで10本に抜かれる。
博多2000のぞみ54まで西明石で差し切られる。
13分前に発車ののぞみ46号が博多1722→東京2230だ。ここだけみてもすごい。
名古屋博多のこだまってあった?

>京都〜博多が各駅停車ではないがこんなのを見つけた。
 
1991年を見ると、京都〜博多が各駅停車はないが、米原〜広島や岡山〜博多が
各駅停車というのがある。
特にひかり50・54号は、博多〜岡山までの各駅、姫路、新神戸、新大阪、
京都、名古屋、浜松、静岡と東海区間でも鈍足。

ついでに1993年には、新大阪発、西明石、相生だけ通過の存在意義を問われそうな
ひかりも走っていた。

>ひかりで
東京発岡山行き名古屋から各駅(相生のみ通過)もあったよな
姫路でこだま接続

>それは比較的最近だな。
品川開業前に東京発岡山行ひかりで、(熱海)、(三島)、静岡、(浜松)、名古屋、京都〜姫路間各駅
っていうパターンも存在したが。あれはいつも混んでいた印象がある。

1990年に姫路発着の山陽こだまがあった事にはちょっと驚いた。

>名古屋〜博多のこだまは記憶にないな。
名古屋〜広島と、静岡〜岡山には朝晩1往復ずつこだまが走ってたけど。
東海道区間と山陽区間がわりと分かれちゃってる今ではあまり考えられないね。
そんなに昔ではなく、10年くらい前かな。

>昭和50年代後半の山陽区間のひかりの停車パターンは
速達タイプは新大阪、岡山、広島、(小郡)小倉、博多
中速タイプは新大阪、新神戸、姫路、岡山、福山、広島〜博多各駅
各駅ひかりが東京〜岡山、広島、博多間
イレギュラーで中速タイプの末端が広島、徳山、新下関、小倉というのもあった。


山陽こだまの最鈍5時間だけど、
途中駅で10分停車とか220km/hの性能が影響している面もあるんだよな。
1日数本だとは思うけど500系でどれだけ速くなるか楽しみだ。

>>
ひかり50・54は確か山陽の区間こだま+広島ひかりだったな。
岡山以西の中小駅から大阪や東京まで乗り換えなしで行けるという点では
今よりもサービスいいのではないかとも思える。

昔は直通は基本的にひかりだったので
各駅停車の実質山陽区間はこだまの列車が存在した.
確か山陽こだまは朝と晩しかなかったはず.

山陽区間完結のひかりってあったのかな?

16両編成という供給過剰、
列車本数の少なさから
6両編成の0系を作り、
こだまに当てている.

山陽区間は8両程度が適当らしいけど.

こだま落ちが決まっている500系、ひかり号のレールスターも8両であることから今後山陽区間完結の列車は基本的に8両になるだろうね.

一部山陽区間だけの16両編成のぞみ、車庫送りの博多〜名古屋間のひかり
(300系が700系に変わったことから意味無し?)
同様の岡山〜博多間の300系こだまがあるけど.
posted by a at 18:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。